お知らせ一覧

  1. ホーム
  2. 生身天満宮の魅力
  3. お知らせ一覧
2021.06.01
水無月お朔日、いきみ会様に 境内清掃奉仕を賜りました。
毎月お朔日の早朝。生身天満宮では、地元氏子区域にお住いの有志女性会「いきみ会」様のご厚志により、境内清掃奉仕を賜っています。毎月毎月は大変なこと。衷心より深謝御礼申し上げます。
2021.06.01
6月1日(火)〜30日(水)夏越の大祓 ご案内
6月は1年の折り返し。心身を清め、清々しく穏やかに、残る半年を過ごせますように。
2021.05.25
境内に咲く黄菖蒲 掲載頂きました。
2021.05.25
皐月 月次祭 重ねて 疫神退散祈願祭を齋行しました。
毎月25日齋行「月次祭(つきなみさい)」。境内に身を置いて神様に感謝を申し上げると、心が和らいでいきます。癒しのひと時を神様と共に過ごされませんか。
2021.05.02
5月1日(土)生身天満宮春季例祭を齋行しました。
雷除け御神札と御守は、5月末日まで授与致します。
2021.04.30
皐月お朔日前日、いきみ会様に 境内清掃奉仕を賜りました。
毎月お朔日の早朝。生身天満宮では、地元氏子区域にお住いの有志女性会「いきみ会」様のご厚志により、境内清掃奉仕を賜っています。毎月毎月は大変なこと。衷心より深謝御礼申し上げます。
2021.04.25
卯月 月次祭 重ねて 疫神退散祈願祭を齋行しました。
毎月25日齋行「月次祭(つきなみさい)」。境内に身を置いて神様に感謝を申し上げると、心が和らいでいきます。癒しのひと時を神様と共に過ごされませんか。
2021.04.17
大灯籠 移設について掲載頂きました。
生身天満宮前駐車場に立つ、大灯籠を移設します。京都新聞にご紹介頂きました。
2021.04.04
5月1日(土)生身天満宮春季例祭を齋行します。
本年春祭りは、午前10時神事斎行。同11時伊勢大神楽奉納。雷除けお札とお守りは、5月1日〜末日授与致します。
2021.04.01
卯月お朔日、いきみ会様に 境内清掃奉仕を賜りました。
毎月お朔日の早朝。生身天満宮では、地元氏子区域にお住いの有志女性会「いきみ会」様のご厚志により、境内清掃奉仕を賜っています。毎月毎月は大変なこと。衷心より深謝御礼申し上げます。
2021.03.25
弥生 月次祭 重ねて 疫神退散祈願祭を齋行しました。
毎月25日齋行「月次祭(つきなみさい)」。境内に身を置いて神様に感謝を申し上げると、心が和らいでいきます。癒しのひと時を神様と共に過ごされませんか。
2021.03.22
3月21日(日) 梅花祭を齋行しました。
2021.03.01
3月21日(日) 梅花祭(菅原道真公慰霊祭)を齋行します。
境内梅園内絵馬堂にて献茶をお供えして神事を齋行します。雅楽奉演、献花賜ります。こんな時こそ、感謝と祈りを神様へ。梅香る天神さんに平安の祈り。
2021.02.28
生身天満宮 令和3年 梅便り vol.2
早咲きの梅は満開に。花びら舞い始めも。当宮では、早咲き・遅咲きの梅が入り混じり、3月下旬頃まで境内どこかで出会えます。
2021.02.28
弥生お朔日分を前倒しに、いきみ会様に 境内清掃奉仕を賜りました。
毎月お朔日の早朝。生身天満宮では、地元氏子区域にお住いの有志女性会「いきみ会」様のご厚志により、境内清掃奉仕を賜っています。毎月毎月は大変なこと。衷心より深謝御礼申し上げます。
2021.02.25
如月 月次祭 重ねて 疫神退散祈願祭を齋行しました。
毎月25日齋行「月次祭(つきなみさい)」。境内に身を置いて神様に感謝を申し上げると、心が和らいでいきます。癒しのひと時を神様と共に過ごされませんか。
2021.02.17
2月17日(水)午後7時より 祈年祭を齋行しました。
五穀豊穣と国家国民の弥栄(いやさか)の祈りを込め、厳粛に斎行しました。重ねて、疫神退散祈願祭を執り行いました。
2021.02.13
生身天満宮 令和3年 梅便り vol.1
生身天満宮の梅が咲き始めています。当宮では、早咲き・遅咲きの梅が入り混じり、3月下旬頃まで境内どこかで出会えます。
2021.02.08
京都新聞「口丹随想」掲載下さいました。
人を想う。地域を想う。神社を想う。愛を大事にしたい気持ちが伝われば嬉しいです。
2021.02.07
2月3日(水) 辛丑年の節分祭を齋行しました。
厄を祓い福を招き、無病息災を祈願する節分祭を無事齋行。たくさんのお詣りを賜り、協賛出店と共に賑わいました。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]  次へ