菅原道真公と使いの牛

  1. ホーム
  2. ご祭神とご神徳
  3. 菅原道真公と使いの牛

生身天満宮本殿の「使いの牛」

生身天満宮本殿の「使いの牛」

使いの牛のご神徳

生身天満宮の本殿横に「使いの牛」がたたずんでいます。「使いの牛」とは、「神使(=神様の使者)の牛」という意味。ご祭神菅原道真公のお使いです。古くから、傷や病気の箇所をさすると回復するとの言い伝えがあります。多くの参詣者に、病気が治りますように、痛みが消えますようになど様々な願いを込めて触れられてきました。また頭を擦ると知恵を授かり、賢くなるとも。牛の頭と自分の頭を交互に優しく撫でます。にこやかに触れ合う親子連れなどをよくお見受けします。

表参道添いに座するもうひとつの「使いの牛」
表参道添いに座するもうひとつの「使いの牛」

台座には、安政7年(1860年)奉納の文字と本町若中15軒の屋号名前が彫られています。長い間、願い人に安らぎを与えてきたのです。

天満宮と使いの牛

天満宮には、なぜどこにでも「使いの牛」があるのでしょう。これには、いろいろな説があります。菅原道真公の生年が承和12年(846年)6月25日で乙丑の年だからという説。また薨去されたのも延喜3年(903年)2月25日の丑の日だからとの説。菅原道真公の御遺骸を載せた車を引く牛が座り込んで動かなくなった場所をご墓所と定めたことからとする説。この説から「使いの牛」は、ほとんど臥牛と呼ばれる座った姿勢をしています。

他にも農耕の神のご神徳からそのシンボルとする説。菅原道真公薨去後に下された「天満大自在天神」という神号からきているという説。「大自在天」は元々はバラモン教の大本尊で、仏教におけるお姿は、八本の腕と三つの眼を持つ八臂(はっぴ)三眼で、白い牛に跨がるとされているので、そこから結びつけられたようです。また、大宰府へ下られる際、牛に乗られていた。菅原道真公が牛を愛育されていた。刺客から牛が菅原道真公を守ったことがあった。など様々です。

「使いの牛」ひとつにこれだけの伝承があることは、歴史と共に変遷しながら継承されてきた菅原道真公の神威の広大さを物語っています。

いずれにしても、受験合格や病気回復のほか、多様な熱い願いや夢が交錯する生身天満宮境内で、この「使いの牛」は、願い人に安らぎを与えてきました。今後も菅原道真公と共に神の使いとして、参詣される皆様にご神徳をお授けになり、見守り下さることでしょう。

金色(こんじき)の牛授与

よりいっそう、願いごとがご祭神菅原道真公に届きますよう、「金色の牛」を授与しています。 感謝と祈りを込め、身代わりの牛を使いに出すことで、菅原道真公のご加護を届けて下さいます。 一新致しました由緒をお付けして、お授けいたします。 詳しくは、こちら

金色(こんじき)の牛授与