学ぶ力お守り

  1. ホーム
  2. 授与品
  3. 学ぶ力(まなぶちから)お守り

「学問成就」「前進力」二つのご加護。学ぶ力お守り(まなぶちからお守り)ケータイのアクセサリーとしてもかわいいお守り

「学問成就」「前進力」二つのご加護。学ぶ力お守り(まなぶちからお守り)ケータイのアクセサリーとしてもかわいいお守り

勉強、学問の神様 天神さんの 学ぶ力お守り

生身天満宮のご祭神菅原道真公は、5歳で和歌、11歳で漢詩を詠むなど幼い頃から天才ぶりを発揮され、常に真摯に「和魂漢才」の精神で猛勉を重ね精進されました。類稀なる才智を持って昇進、前進され、何よりも現代に学問の神として崇められる菅原道真公の高いご神徳を授かるお守りです。

学生さんにも社会人の方にも ひとつで二つのご加護を授かる 学ぶ力お守り

「学問成就」のご加護
人は生涯学び続けます。学生さんには学業を、社会人の方には広く人生を学びとる力を向上させ、学問を成就します。
「前進力」のご加護
誰しもが自らに備え持つ力。これを最大限に引き出し、学業・人生を前進する力をも与えて頂けます。

「学ぶ力お守り」は、女性自身平成26年(2014年)1月7日・14日合併号の「かわいいお守り大集合」や京都新聞の1月7日号で紹介されました。

本来ならば、ご本人または代理の方が参拝戴きお守りを受けて戴くのが本義ですが、遠方にお住まいやお急ぎなど、参拝がご無理な場合はご相談下さい。生身天満宮社務所(0771−62−0535)までお問い合わせ戴けましたら、お守りを郵送させて頂きます。

女性自身2014年1月7日・14日号合併号「かわいいお守り大集合」特集にてご紹介
女性自身2014年1月7日・14日号合併号「かわいいお守り大集合」特集にてご紹介
京都新聞2014年1月7日にてご紹介
京都新聞2014年1月7日にてご紹介