宵闇のお宮巡り

ホーム > 生身天満宮年間祭事 > 宵闇のお宮巡り

華麗かつ荘厳な灯り

「おむかえや」「だいじょうや」の掛け声を交わす 秋祭りの前夜には宵宮祭を齋行し、「お宮巡り」の儀式を行います。寛延2年(1749年)までは、早朝に行われていましたが、寛延3年より前日の夜に変更されました。悠久の昔より守り継がれる特殊神事です。また平成14年(2002年)の菅原道真公没後1100年記念大祭から春祭りの宵宮祭でも行うようになりました。

 「お宮巡り」は、神様の御霊をお迎えするため、境内の灯りを全て消し、猿田彦榊を先頭に御幣・御神燈を捧げ持ち、本殿回廊を3周し、境内社殿周辺を巡る厳かで幽玄な儀式です。明治初期頃までは、灯した松明(たいまつ)を持ち天神山の麓(ふもと)を巡っていました。町内からの火の眺望は、華麗かつ荘厳であったといわれています。

 暗闇の中を巡るとき、古式に則り「おむかえや」「だいじょうや」の掛け声を交わしながら進みます。唱え合う言葉は、神様の御霊をお迎えするが準備は出来ているか、の意を込めて神職が「おむかえや」。それに対して、準備は出来ています、大丈夫です、の意を込めて諸役が「だいじょうや」と答えており、往古の神霊奉迎の礼に倣ったものです。

生身天満宮周辺のみどころ京都府南丹市はみどころの多い町です。生身天満宮から少し足を延ばせば温泉や自然豊かな食事が愉しめる施設などが充実しています。