大祓式と万灯会

ホーム > 生身天満宮年間祭事 > 大祓式と万灯会

「夏越し(なごし)の大祓式」と「師走の大祓式」

 1年を二つに分けると、6月が前半期の終わりにあたります。生身天満宮では、この6月30日に「夏越し(なごし)の大祓式」を、1年を締めくくる12月の大晦日に「師走の大祓式」を齋行します。この年に2回の「大祓い」で、知らず知らずの内に半年間で積もり積った自らの心身の穢れ、そのほか災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清め、清く明るい心に立ち返り、楽しく正しい生活を過ごせるよう祈願します。 

 「大祓式」は古事記にも記された我が国の伝統ある神事です。記紀神話にある伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)を起源とし、宮中においても古くから行われてきました。心身共に清浄にすることで、明日に向かって生きる自覚となり、大神様のご加護のもと清らかな生活を営めるようにとの願いが込められています。

「人形奉納」

人形へ自分の穢れを移す 日本では古来より、「大祓式」の際、人の形に切り抜いた「人形(ひとがた)」と称される紙に氏名を記入し、息を3回吹き掛けて身代わりとして神社に納める慣習があります。息を吹きかけるのは自分の穢れを「人形」に移すためです。「人形」に自身の身体の悪い箇所の印をつけ、無事の回復を願う意を込めたりもします。

 生身天満宮では、6月12月の各一ヶ月間、この「人形」を本殿前に置いて、どなたでも納めて頂けるように準備しています。納められた「人形」は、本人の身代わりとして「大祓式」で祓い清めます。清めた後に保管し、毎年の節分祭で、お守りなどと共に焚上奉納しています。

「茅の輪くぐり」

秋葉愛宕神社の例祭 「夏越しの大祓式」では、「茅の輪くぐり」の神事も行われます。無病息災を祈り、清祓の用に供するため、茅や藁を束ねた茅の輪を設けます。この茅の輪を願いを込めながら3回、8の字を描くようにくぐることで疫病を免れるといわれ、心身ともに清浄に清められます。

 水無月の 夏越の祓いするひとは 千歳の命 延ぶといふなり 捨遺集にあるこの和歌を唱えながらくぐると良いとも伝わります。

 生身天満宮では、「茅の輪くぐり」は長年途絶えていましたが、平成13年(2001年)から復活させました。壱の鳥居(表参道入口の初めの鳥居)を、茅(ちがや)やわら、青竹などでお飾りし、以来、神職一人で組上げていました。

 平成23年(2011年)に、初めて、生身天満宮奉賛会の役員皆様のご奉仕により、更に本格的な「茅の輪」を手作りして戴きました。材料の茅を京丹波町から、青竹を境内から切り出すなど皆様総掛かりで組み立てて戴いて、荘重で立派な「茅の輪」が表参道に完成しました。

 昔から伝わる大切な神事をもり立てようと生身天満宮に心を寄せて下さる皆様方の熱いお気持ちに感謝しています。毎年、一人でも多くの方にお詣り戴いて「茅の輪」をしくぐって戴ければと願っています。

「万灯会(まんとうえ)」

 生身天満宮では、「師走の大祓式」が齋行される12月31日と8月1日の「弁天祭り」の年2回「万灯会」が行われます。境内に置かれた約500個の行灯(あんどん)に一斉に灯りが灯され、境内は幽玄な空気に満たされます。

約500個の行灯に灯がともる 平成14年(2002年)5月に菅原道真公没後1100年大祭が齋行された際、これを記念し初めての「万灯会」が行われました。奉賛会により子供から大人まで氏子皆様に募り、絵を描いて戴いた和紙を貼って手作りした行灯を生身天満宮境内いっぱいに並べて行われました。以来、この行灯を生かそうと修理・補充を重ねながら毎年2回、「師走の大祓式」で年をまたいで、また「弁天祭」の夕刻に「万灯会」は続けられています。

 広い境内に、ゆらゆらと美しい火が灯る中、ぜひお詣りになって、菅原道真公のご加護を仰いで頂ければ幸甚です。

合格祈願ご祈祷学問の神様・菅原道真公をお祀りする生身天満宮。合格祈願のご祈祷をされた方には、「合格梅」を授与させて頂いています。