梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。

ホーム > 生身天満宮の魅力 > お知らせ一覧 > 梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
2018.03.26

平成30年3月25日(日)
第18回 梅花祭を齋行しました


ゆっくり開花した梅がまだまだ香る中、
梅園内絵馬堂にて。

生身天満宮ご祭神菅原道真公慰霊祭、
梅花祭を執り行いました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
梅園を感謝と祈りを込めてお祓いします。

神事に続き、藤舎蘆恵様より、
二弦琴演奏奉納を賜わりました。
「梅の花 紅の花にも 似たるかな
阿呼がほほにも つけたくぞある」。
菅原道真公が5歳で詠まれた和歌も音色と共に。

続いてコバタヨシタネ線から弾き語り。
深い言葉を繋いだ優しく、強い歌声が
境内を満たしていました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。

最後には、津軽三味線ひびき様より
津軽三味線の演奏奉納。
迫力ある音色が境内に心地良く響きました。

梅園内茶室、梅花亭では、
心ばかりのささやかなお茶席を設けました。

菅原道真公もお歓びのことと存じます。
ご参詣ご協力賜りました皆様に深謝御礼申し上げます。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
梅香り、満開の中、梅花祭を齋行しました。
生身天満宮の魅力受験生に人気の高い「合格梅」「勝栗「合格お守り」をはじめ指定文化財などの貴重な品々が多い神社です。また、季節ごとの草花も魅力のひとつです。