豊竹英太夫さんが生身天満宮へ来宮されます。

ホーム > 生身天満宮の魅力 > お知らせ一覧 > 豊竹英太夫さんが生身天満宮へ来宮されます。
2017.02.19
豊竹英太夫さんが生身天満宮へ来宮されます。
豊竹英太夫さんが生身天満宮へ来宮されます。

3月5日(日)13時より 豊竹 英太夫(はなふさだゆう)さん来宮


人形浄瑠璃文楽で義太夫を語る太夫の豊竹英太夫さんが、明治初期から続く重要な名跡の「豊竹呂太夫」を、六代目として襲名されます。

その披露狂言演目は、生身天満宮にゆかり深い「菅原伝授手習鑑『寺子屋の段』」。当宮始祖「武部源蔵」は、この物語に登場人物として描かれていることで有名です。第四段『寺子屋の段』は、生身天満宮の由緒をもとに描かれたと伝えられています。

ついては公演成功祈願に、人形浄瑠璃文楽座ご関係の皆様と共に当宮へ正式参拝下さる運びとなりました。皆様にお集り頂きたいとのこと、ぜひこの貴重な機会に英太夫さんに間近でお会いされませんか。

当日は、武部源蔵社ほか、境内をゆっくりお詣りされるご予定です。どうぞ、皆様のお詣りをお待ちしております。
生身天満宮の魅力受験生に人気の高い「合格梅」「勝栗「合格お守り」をはじめ指定文化財などの貴重な品々が多い神社です。また、季節ごとの草花も魅力のひとつです。