菅原道真公生存の時より木像を生祠として奉斎した由緒尊き日本最古の生身天満宮(いきみてんまんぐう)

生身天満宮からのお知らせ

2017.02.19
豊竹英太夫さんが生身天満宮へ来宮されます。
3月5日(日)13時、人形浄瑠璃文楽の豊竹英太夫(はなふさだゆう)さんが、当宮へ正式参拝下さる運びとなりました。
2017.02.09
生身天満宮 梅便り 開花情報 vol.1
2017.02.09
2月3日(金) 丁酉年の節分祭を齋行しました。
節分祭神事を無事齋行。ファイヤーパフォーマンス・和太鼓の奉納、協賛出店など多彩に賑わいました。
2017.01.25
初天神、睦月の月次祭並びに学神祭(1月25日)を齋行しました。
2017.01.20
2月3日(金) 節分祭を齋行します
厄除招福・無病息災祈願の節分祭。神事の他、福笹・福豆授与、甘酒振る舞い、催事奉納、協賛出店などで賑わいます。
2017.01.15
迎春の神事を厳かに齋行しました。
平成28年12月31日深夜、年越の大祓式、続いて歳旦祭を齋行。同刻に万灯会開催。多数お詣り頂いた賑わう小正月もお目出たく明けました。
2016.12.31
【初詣のご案内】大晦日〜平成29年1月15日(日)
大晦日には万灯会開催。小正月の15日まで、神木を焚き上げ皆様の初詣りをお待ちしています。
2016.12.30
「けふも健やかに」新春より、新たな健康御守りの授与を始めます。
2016.12.29
<<平成29年 厄除開運祈願のご案内>>
古来より、厄年は災厄が起こりやすく、行いを慎む年といわれています。厄年にあたる方は、 災いを福に転ずるよう神社にお参りしてお祈りしましょう。
2016.12.27
月刊誌SAVVY2017.2月号に生身天満宮を掲載頂きました。
月刊誌サヴィ2017.2月号(12月23日発行・発売)で当宮をご紹介頂きました。「京都・遠出しても行きたい神社」45ページです。
生身天満宮の過去のお知らせ一覧はこちらです。
生身天満宮のお知らせを購読するATOM生身天満宮のお知らせを購読するRSS
生身天満宮への行き方